2017年 11月 の投稿一覧

【アプリ版】ドラクエ5 プレイ日記(11)~ヘンリー王子誘拐~

ラインハット城に到着したパパス一行。

パパス一行ラインハット王に謁見する。

ただの真面目なのか突撃型なのか、パパスはラインハットの城下町を一瞥もせず通り過ぎて城に向かった。

国王に呼ばれて来ているので、観光しろとは言わないが川の眺めを10秒見せてくれた様に数十秒は立ち止まって見てもよかったんじゃないかと思うコロ。

またしても父のせっかちさを感じる出来事だった。

パパス一行がラインハット王に謁見すると、王は周りの衛兵を下げた。

察したパパスがコロに話し掛ける。

パパスの目が席を外せと訴える。どうやら2人きりで話したいようだ。

コロのラインハット城散策

コロは子供の好奇心旺盛な顔を見せて嬉しそうな振りをしてギコギコと共に城内見学に出掛けた。

ヘンリー王子との出会い

城内の色々な人達と話をして見て回っているとこの国の第一王子、つまり国王の長男坊の部屋を見つけた。

第二王子と王妃の部屋は衛兵がいたがこの部屋の前にはおらず、開かれた部屋で入り易かったのでスルッと入っていくと中にはポツンと緑色の髪をした子供が椅子に座っていた。

どうやらこの子供が第一王子で名前はヘンリーと言うらしい。

気軽にコロが話し掛けると…

子分にしてやろうか?

と、かなりの上から目線で言葉を発する緑の少年。

コロが『いや、結構です。』とキッパリ断ると…

 

コロの言葉が聞こえないらしい緑の少年。

何度断っても聞こえていないらしいので、コロはまた同じパターンかと気付いて『子分にして下さい。』と言った。すると…

最低な返しが返ってきた。

コロはギコギコに噛みつかせようかと考えたがギコギコはまだコロになついているだけで言うことを聞かない。

戦闘中でさえ自由に行動するのを思い出してその計画は頓挫した。

コロは黙ってその部屋を出てまた城内見学を始めた。

コロは城内見学をしながらふと思った。

(しかし自分に都合が悪いことは聞こえない振りをする人がこの世界には本当に多いこと、そんなんだったら最初から二択を与えずに話し続ければいいのに)

そんなことをかんがえていると、ヘンリー王子の生い立ちに関する話を聞く。

どうやらヘンリー王子の母親は既になくなっているらしく新しい母親は自分が産んだ子だけを可愛がっている様子。

コロは少し同情した。

城内を一通り見て回ったコロは王の元へと戻る。

するとそこにはもうパパスはいなかった。やはり父はせっかちだと改めて思うコロ。

父・パパス ヘンリー王子の教育係就任

父の手掛かりを求めて王に話し掛けると…

父はあの緑頭の教育係になったらしい。そして自分は友達にならなければならないらしい。

何が何やらとフラフラの足取りで緑頭の部屋へと向かうコロ。

すると部屋の外にパパスが立っていた。

知ってるよ。王様から聞いた。だからここにお父さんがいるだろうと思って来たんだよ。

聞かなかったらどこにいるか分からなかったよ。お父さん。

えっ、もう嫌われたの?

え? なれないよ? さっき僕もお父さんと同じで嫌われたもん。

いや、だから僕も嫌われたんだけど?

お父さん聞いてる?お父さんももう少し頑張れば?

ヘンリー王子誘拐

父は自分に都合が悪い言葉に対しては耳が不自由な事を思い出したコロは、黙ってヘンリーの部屋に入っていった。

部屋に入っていくと緑頭が超上から目線で子分話を振ってくる。

我慢できずに子分話を断るコロ。

キレる緑頭。

このままでは話が進まないと直感したコロは腹を決めて言った。『子分になりたいです。』

緑頭がニヤリと笑った気がした。

『そんなに言うならオレの子分に してやろう』

いやそんなに言ってないけど…

どうやら隣の部屋に宝箱がありその中に御大層にも子分のしるしなるものがあるという。

何故そんなものが…

コロが隣の部屋の宝箱を開けると、何も入っていなかった。話が違うなと思いながら緑頭の部屋に戻ると今度は緑頭がいない。

頭が混乱して苛立ってきたコロは緑頭の椅子を蹴り飛ばす。

『我慢して下手にでればぁぁぁぁ』

すると椅子のしたに隠し階段があることに気づいて階段を降りる。

降りた先には緑頭がいた。

いい加減コロの我慢も限界に達して爆発しようとした瞬間…

横の壁の扉が開いて見知らぬガラの悪い男達が入ってきた。

コロとギコギコは男達に突き倒された。

ヘンリーは気絶させられて外に運び出された。

コロはヤバいと感じて外に飛び出すと3人目の男がイカダで待機している。

コロはなす術もなくヘンリーが連れ去られるのを見ているしかなかった。

ヤバいねこれ。