【アプリ版】ドラクエ5 プレイ日記(14)~奴隷の日々~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パパスの死から10年後

奴隷の日々

コロとヘンリーが奴隷になって10年が経過した。

立派な青年になったコロは岩を運ぶ仕事をしていた。

服は奴隷の服を着ているがトレードマークのターバンは変わらない。

体は大きくなっているけどターバンは入ったようだ。

傍らにはムチを持った光の教団の教団員。

さっさと岩を運ばんとヤバイらしい。

他の奴隷に話しかけてみるが、おじいさんは話す気力もないほどに働きづくめらしい。

持ち場を離れて上の階の光の教団の神殿建設現場に行くとヘンリーがいた。

ヘンリーは元気そうだ。

どうやらコロとヘンリーは頻繁にここから逃げ出す相談をしていたらしい。

ヘンリーはパパスには本当に申し訳なかったと思っていると素直に話した。どうやらこの10年で精神的にも相当な成長を遂げたようだ。

10年前のいじけて尖っていた姿はもうそこにはなかった。

ヘンリーと別れて奴隷場を見て回ると、とある兵士に出会う。

どうやら妹が奴隷にされたらしい。

何とかしたいが教祖には逆らえないと言う。本格的に話を聞こうとしたコロだったが、兵士はわれにかえって奴隷のお前に話す事ではなかったと言い出す。

コロはバカらしくなってさっさとその場を後にして奴隷場を歩き回る。

しかし、奴隷が仕事もせずこれだけ自由に歩き回って何も言われないのだから結構管理がずさんだとしか言いようがない。

そうこうするうちに夕方になって仕事が終わった。

奴隷の夕暮れ

コロは今日の後半は仕事もせずにフラフラと歩き回っただけだった。

どうやらここが奴隷の部屋らしい。冷暖房もなく毛布も布団も無い。

冬もこんなところで過ごすのか。よく10年生きてこられたなぁ。

目が覚めるとヘンリーがいた。

ヘンリーの後ろの壺が奴隷たちのトイレだ。

とにかくよく生きていられるなと感心するくらいの劣悪な環境なのだ。

どうやらこのマリアがあの、上から目線の兵士の妹らしい。

話を聞くと教団の教えに逆らって奴隷の子供をかばったら奴隷にされたらしい。

何だかわかったようなよくわからないような話だが、1つ間違いないのは光の教団はとてつもなくヤバいということだ。

相当数の奴隷を抱えていたり、教えに逆らうと奴隷にされたり…

話を聞いただけでも相当ヤバい教団だが、マリアのようなまともっぽい人間も教団の団員だったのだから一定数の支持は得ているんだろう。

朝御飯もなく仕事に呼びに来る教団員。

『おらおら、ムチがとぶぞ!』って光の教団ヤバすぎ!

奴隷の皆がさっさと仕事場に行く中、教団員に話しかけてみるコロ。

どうやらコロはこの10年で光の教団関係者に対して反抗的な態度をとってきたらしい。

しかし殺されずにすんでいるとは凄い強運の持ち主!

さすがは主人公!

…そして事件が起きる。

奴隷の仕事場に行ってみると何やら騒ぎが…

マリアが何かしらしでかしたらしく、ムチを持った教団員にいたぶられている。

正に今から教団員によるリンチが始まろうとしていた。

その様子を見ていたヘンリーは我慢できず教団員に飛びかかっていった。

コロは放っておくわけにも行かず、コロも後を追った。

とりあえずマリアに話しかけると、意外にも冷静な様子。

ヘンリーを助けるためにコロも教団員に飛びかかる。

戦闘になるとあっけなくコロとヘンリーが勝利した。

当然騒ぎを聞きつけて衛兵がやってくる。

マリアがいたぶられたのを見つけた例の兵士は手当てをするように部下に命令する。

奴隷の手当てという命令に部下は少し困惑の様子を見せる。

コロ達は牢屋にぶちこんどけと例の兵士。

通常だと最悪死刑、そうでなくても過酷な罰が待っていると予想されるのに楽観的なヘンリー。

一体この10年で何を見てきたのか…

それともこんな反抗的な態度でも楽観視出来るほど光の教団は緩いのか?

ヘンリーが牢屋の中で横になって十数秒でマリアがコロ達を呼びに来た。

マリアは何故か牢屋の鍵を持っているようで簡単に開けてくれた。

奴隷からの脱出

そして別の場所へと共に行くとそこには上から目線の例の兵士がいた。

兵士が話し出す。

例の兵士の名前はヨシュアと言うらしい。

どうにも信用できない褒め方をするヨシュア。

信用できないコロは当然警戒して頼みを断った。

『聞けません。』

ヨシュアは軽く受け流して用件を話し出した。

どうやら断る権利は無いらしい。コロは現在の自分の立場を改めて思い出した。

どうやら神殿が完成すれば奴隷は口封じの為に皆殺しにされるらしい。そうなれば妹のマリアも殺される。

だからマリアと共にこのタルに入って海を渡って逃げてほしい。

との事だった。

気味が悪いしタルに入って海越えられるのか?

もしかして新手の死刑方法なのか?助かると見せかけてタルには穴が開いていて3人とも溺れるような仕掛け?

様々なパターンを想定するコロ。

躊躇うコロにヘンリーが言う。

こんなチャンスないから早くタルに入ろうよ、と。

本当に大丈夫?  3人も入って。

罠かもよ?

結局コロはヨシュアとマリアが本当の兄弟であることを信じ、死刑はないと踏んでタルに乗り込んだ。

3人が1つのタルに入るとヨシュアがタルを海へ送り出す。

洞窟の中の水源を、某昔話風にどんぶらこ、どんぶらこと流れていくタル。

まるで遊園地のアトラクションの様な急角度で落ちていくタル。

この高さ… …

終わったな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*