【アプリ版】ドラクエ5 プレイ日記(9)~春風のフルート奪還~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

妖精の国のベラに導かれ、妖精の国へとやって来たコロとギコギコ。

妖精の女王の頼み事

到着すると、まずポワンさまという妖精の国の女王に謁見をする事になったコロ。

ポワンさまの話を聞くと、どうやら妖精は季節を司る使命があり、春を告げる為にはポワンさまが自ら春風のフルートを吹かなければなりません。

しかし、その春風のフルートとやらが何者かに盗まれたと言うのです。

妖精は剣を振るうことが出来ないらしく、人間界に春風のフルートを取り返してくれる人を探していてコロをここに連れてきたと言うのです。

女王が話を続けます。

ここまで話を聞けばさすがにコロも何を頼まれるかは分かります。

ついこないだまで幽霊退治やら村の洞窟での人命救助を終えたばかりのコロは躊躇いました。

『僕まだ子供ですし、出来れば他に当たってくれませんかね?』

コロは断りました。すると… …

ポワンさまは潔く引き下がりました。

コロはホッとするのと同時に今までの人とは違ってゴリ押しが無いことに少しビックリしました。

同時に、この人なら信じられるかもしれないと感じました。

この一連のやり取りを近くで見ていたベラと女王お付きの人がそれぞれ意見をコロに言って来ました。

ベラはコロを見損ないます。

お付きの方は上品にコロに女王の願いを聞き届けてくれるように懇願してきます。

女王の佇まいに誠意・真心を感じ取ったコロは意見を変え、女王に言います。

『あの~、さっきは断りましたがやっぱり僕でよければ春風のフルートを取り返しに行かせて下さい!』

ポワン様は喜び、コロに春風のフルートを取り返す任務を与えた。

ポワンさまはベラを付き添いで付けてくれた。

春風のフルート奪還へ

ネコの正体

妖精の村を出ようと村の入り口付近を通りがかった際に一人のおじいさんがギコギコを見て言った。

どうやらギコギコは地獄の殺し屋だったらしい。ネコではなく、キラーパンサーという種類らしい。

因みにベラも子ネコだと思っていたらしい。

よほどネコに見えるらしいね、ギコギコ。

道中ベラにヤル気の有無を確認されるコロ。

村を出る前に犯人の情報を集めると、どうやら北の方に逃げていったらしい事が分かったが、そこは鍵がかかっているので入れないらしい。

昔妖精の村から追放されたドーワーフという種族はの男性は鍵を開ける技術を持っていたらしい。

どうやらその男性は村の西の方に住んでいるらしい事が分かった。

コロは噂の真偽を確認するために先ずは北の犯人が逃げ込んだとされる建物へと向かった。

やはり門には鍵がかかっており、中には入れなかった。噂は本当だったのだ。

コロは西に住むというドワーフを目指すことに…

ベラはコロに不信感があるようで、何かと上から目線の発言が目立つ。

西の洞窟には噂のドワーフがいた。

鍵の技法取得へ

鍵を持っているのかと思いきや、鍵を開ける技術である鍵の技法は洞窟の奥深くにしまっているらしい。

何故そんな深くにしまったのかは不明だが、コロにはそれが必要なので当然取りに行くことになった。

因みに、ドワーフの部屋にはスライムがいてフルート盗難の犯人を教えてくれた。

どうやらザイルという人物が春風のフルートを盗んだらしい。スライムがそう証言した。

誰もスライムが犯人だなんて思ってもないのに必死で、自分じゃないザイルだ!と自己防衛に集中していた。

ザイルはドワーフのおじさんを村から追い出したのがポワンさまであると思い込み、ポワンさまを困らせようと春風のフルートを盗んだようだ。

おじさんは真実は違うといった様子だった。

つまりザイルは誤解をしていると。

その場から離れ、洞窟の最深部に鍵の技法の書があった。

これによって北の建物の門を開けることが可能となった。

鍵の技法を習得したコロは西の洞窟から北の建物へと急いだ。

窃盗犯の元へ

今度こそ建物の扉を開けたコロは2階へと向かう。

2階の中央にザイルはいた。

やはりこいつがザイルだ!

コロ達は春風のフルートを取り返す為に闘った。

割と簡単にザイルを倒すことが出来たコロ達はザイルを更正させようと、ザイルの誤解を解くためにドワーフのおじさんを妖精の村から追い出したのがポワンさまではないことを伝えるが…

真犯人の正体

どうやら雪の女王さまとやらがザイルに間違った情報を植え付けたらしい。

ザイルが雪の女王という言葉を発すると、雪の女王は急に姿を表した。

不気味に笑う雪の女王。

雪の女王の正体は魔物だった。

雪の女王が急に襲いかかってくる。

コロたちもそれを迎え撃った!

かなりギリギリの戦いの後何とか勝利したコロ達一行。

何とかこの事件の悪玉を倒した。

ザイルの天真爛漫さ加減

ザイルもようやく目が覚めたようで…

ドワーフのじいちゃんに叱られるからと、謝りもせずに帰ろうとするザイル。

 去る前に春風のフルートがある場所を告げてさっさと帰っていった。

コロは春風のフルートを手に入れて今回のミッションを成功させた。

コロ達は妖精の村に戻る前に西の洞窟のドワーフの部屋に寄り道をする事にした。

ドワーフのおじさんはザイルの更正を喜んでいました。

その部屋の隅のベットの上でザイルは雪の女王を批判し…

コロとの再戦を熱望していました。

村に戻るとベラが本音でコロに語りかけます。

『コロの事最初は頼りないと思っていたの。ごめんね。』

コロは心の中で『そんなのとっくの昔にわかっとるわ!』と叫びます。

ポワンさまに春風のフルートを渡し、今回の事件に終わりを告げます。

妖精の国大団円

誠実なポワンさまから、いつかあなたの力になる、と心強い言葉をもらったコロ。

ベラも少し別れを惜しんでいるようでした。

ポワンさまが春風のフルートを吹くと雪景色から一気に春の景色に変わっていくのでした。

 春の美しい景色に包まれていたコロとギコギコは気づくと、自宅の地下室に立っていたのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*