【アプリ版】ドラクエ5 プレイ日記(4)~レヌール城 1~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コロとビアンカの深夜徘徊

誰かが呼ぶ声でコロは目を覚ました。

目を開けるのが怖かったので一時気付かない振りをしたコロだったが観念して目を覚ますと…

ビアンカが枕元にいた。

起きるなり、さぁ行こうとばかりに鼻息荒く待機しているビアンカに、コロはしらばっくれてみた。

『どこへ?』

やっぱり覚えてましたか、やっぱりあなた本気だったんですね。

しかしこんな夜中に6歳と8歳で町の外に出ようとは…

結構無謀なんじゃないかな?ビアンカさん?

寝ぼけてませんよ。寝ぼけてるのはそっちなんじゃないの?

そう思いながら寝ぼけてると答えると…

はい、怒られました。

いつだって強引なんだからあなたは…

はぁ、やっぱりこうなるの?

納得できないコロはパパスを起こして止めてもらおうとするが…

それも阻止される。

しかし、我が父は綺麗に目を開けて寝るな~

どうでもいいけどね。

いや待てよ、まだ可能性はある。

確か村の入り口には門番が立っていた筈だ!!

期待を抱いて町の入り口に行くと…

寝てるーーーーー!!!

何してんの、この税金泥棒ーーー!!

鎧着て剣もって寝るなーーー!!

 

観念して村の外へ出るコロ。

しかし初日の散策ではレヌール城にたどり着く事も出来なかった二人は一度村に戻ることにした。

宿に着くとビアンカが…

明日???

明日はもう帰るんだけど?

やっぱり寝ぼけてるのはビアンカだろ?

部屋に戻り、しばし眠りにつくコロ。

パパスの風邪

朝、目が覚めるとパパスの様子がおかしい事に気付く。

ねぇ、もう帰ろうよお父さん。

風邪くらいなら動けるでしょ。宿も何日もいたら迷惑だから。

ダンカンのおかみさんに出ていくように言ってもらうことを期待して事情を説明すると…

治るまで泊まっていいなんて。この宿1番の部屋に…

商売にかなり響くんじゃ…… いいの?

連日の深夜徘徊

この日の晩もまたビアンカは枕元に立っていた。

どうしても納得できないコロはレヌール城とは逆方向へ歩き出した。

コロは自分だけでも家に帰ろうとサンタローズへ行くがまたしても門番が門の下で眠っていて村に入れない。

夜勤まともにやってる人いないみたいね。

行き場を無くしたコロはしょうがなく東の関所まで歩いていくが…

関所の兵士とビアンカに怒られて退散。

次に行った場所は最初に降り立った港。

港にパパスの知り合いが住んでいたのを思い出したコロはかくまってくれるのを期待して訪れるが…

ここでもおばさんとビアンカに門前払いを喰らう。

諦めきれないコロは寝ている御主人を起こそうとしたがビアンカに邪魔をされる。

とうとう観念したコロはレヌール城へ向かうのだった。

ついにレヌール城へ

レヌール城へ到着すると立派な城が眼前にそびえ立つ。

立派な正面の門から入ろうとすると…

開かないからもう終わりかと少し期待するが、ビアンカは何か方法があるの一点張り。

城の裏に回ると梯子があり、登り切った先には入り口が…

そこから侵入を試みるコロとビアンカ。

城に入るや否や、鉄格子が降りてきて出口を塞がれる。

そして間髪いれず、雷が……怖い。

閉じ込められたとたん弱気になるビアンカ。

やはり面倒な事になってきた。

最初のフロアには棺桶が並べられており、お化け屋敷さながらの雰囲気を演出している。

フロアを抜けて階段を下りようとすると…

棺桶からガイコツの幽霊が出てきた。

途端に目の前が暗くなりビアンカの悲鳴が辺りに響き渡る。

気が付くとガイコツの幽霊と共にビアンカの姿が忽然と消えていた。

何てこったい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*