【アプリ版】ドラクエ5 プレイ日記(6)~レヌール城 3~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

再びレヌール城へ

外から城の中に戻ったコロとビアンカ。

さらに奥へ奥へと突き進むと王様の幽霊がいた。

そして、さぁ行ってこいとばかりにボスのフロアに8歳と6歳を促す。

階段を上がればゴーストのボスがいる玉座の間だと丁寧に教えてくれる王様。

ビアンカも少し怖がっている。

コロは言った『オレに任せとけ!』

少し空気が和んだ。

空気が良くなったのを感じたコロはもっと良くしようと会話にユーモアを取り入れていく。

ビアンカのやり忘れたことはないか?

との問にやり忘れた事はあるよ、と答える

また空気が和んだ。言葉を交わす度にビアンカの恐怖が取り払われていくのを感じたコロは会話の大切さを学んだ。

これからどんなことがあってもユーモアを忘れずに生きていくと心で宣言した。

レヌール城の悪玉と対峙

そうこうする内に玉座の間に入ってゴーストのボスと対峙した。

ボスは言う『よくここまできたな。褒美に美味しい料理を作ってやろう、さぁこっちに来なさい』

コロはその圧倒的な怪しさを感じ取り、誘いを拒否した。

するとボスが『俺様が怖いのか?』と挑発をしてくる。

悪役の常套手段

ボスを目の前にテンションが上がっているコロは言われた通りにボスに近付くと…

コロとビアンカの足元が落とし穴になり、お城の地下まで落とされます。

落ちた先は地下1階で大きな皿の上。

間髪入れずにガイコツ達が塩コショウをかけてくる。

さっきのボスの言葉通りどうやらコロとビアンカが料理の材料になっているらしい。

ガイコツによる味付けが終わると皿は1階へとリフトで上げられます。

1階では腹を空かせた多くのガイコツが料理であるコロとビアンカに飛びかかってくる。

2人は冷静に対処してガイコツモンスター達をやっつけた。

ソースまでかけられていたコロとビアンカ。

服を汚され苛立ったコロとビアンカは地下へ。

地下へ行くと先程ソースをかけたガイコツ達は消えていて、ただ怯えているコックの幽霊がそこにいた。

怒りの矛先がゴーストのボスへと向いた。

何故自分達はあんな安い挑発にのって落とされたのか。

自分達にも腹が立った。

再びレヌール城の悪玉の元へ

ビアンカも怒りが収まらない様子で、ゴーストのボスの場所へと急いだ。

ボスは何故かテラスで右へ左へと走り回っていた。

奇怪な動きをみせるボスに一瞬恐怖を感じたコロだが、怒り任せに話しかけると……

コロ達を見るや、今度は自分が食べてやると襲いかかってくるボス。

悪玉との戦い

対して、コロとビアンカも服をソースで汚された怒りをぶつける絶好の相手!

テンションMAXで戦闘開始。

数分の後、勝敗の軍配はコロ達にあがった。

命乞いをするボス。

言い訳を並べるボス。

『許してくれ』と言うボスに怒りが収まらないコロは嫌だと言うが…

何度断っても『そんなこと言わずに頼むよ、坊っちゃん!』の繰り返し。

疲れが溜まってきたコロはしょうがなく許すことに…

ボスは最後まで反省する様子もなく消えていった。

全てが終わると、かつてのこの城の王と王妃の幽霊が出てきてお礼を言う。

レヌール城 大団円

やすらかな眠りにつく王と王妃の幽霊。

空中から落ちてきたゴールドオーブを王達の贈り物だと解釈して、持っていこうと言うビアンカ。

そしてそれをコロに持っていかせる。

ここで服が綺麗になっていることに気づいて怒りが収まったコロ。

ビアンカは興奮ぎみでまくし立ててコロに話しかける。眠れそうにない程の興奮模様。

朝まで深夜徘徊

コロはビアンカの興奮をさますために、寄り道をして帰ることにした。

まずはサンタローズ。

もう帰りたそうなビアンカ。

最初に降り立った港に行くと『帰りたい』『眠たい』を連発する。

港の民家に入ると『早く帰りたい』と言う。

夜風にあたって興奮を冷まさせる作戦のコロ。

東の関所まで行くとさすがにビアンカも『アルカパに帰る』を連発。

ビアンカの興奮が収まったと判断したコロは、ようやくアルカパへと帰ることにしたのであった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*