【アプリ版】ドラクエ5 プレイ日記(2)~サンタローズの洞窟~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

故郷サンタローズへ

数年ぶりに持ち家がある村、サンタローズへと戻ってきたコロとパパス。

帰ってくるなり皆が二人を歓迎します。

特にパパスの人気は物凄く、神に使えるシスターまでもがジャンプして喜ぶほどの人気。

家の前では召し使いのサンチョが出迎えてくれた。

またしても運命の出会い

家の中に入ると見知らぬ人が…

話を聞くと隣町のダンカンの奥さんでパパスの知人らしい。

話によるとダンカンが病気で薬を買いにサンタローズに来ているとの事だった。

ダンカンの娘もきていて、どうやらコロと同年代らしい。

名前はビアンカ。

そのビアンカがコロに近付いてきて話し掛けた。

コロは断ったが『行きましょうよ』と強引に2階に連れて行かれた。

ビアンカは本を読み聞かせしてくれたが、対して文字が読めずに途中からグダグダの展開に。

ここでの会話でビアンカの年齢が8歳でコロが6歳だとわかった。

そうこうするうちにダンカンの奥さんが下の階からビアンカを呼び宿屋へ帰っていった。

パパス 村の洞窟へ

パパスはちょっと用があると言い、家を出ていった。

コロも家を出ると、パパスが凄い勢いで村の北にある洞窟へ入っていった。コロも後をつけたが村の老人が入り口を塞いでいる。

川を挟んだ逆の入り口から洞窟へは入れそうだがパパスを追うことは出来そうにない。ならば洞窟には特に用も無いので、とりあえず村を散策することにした。

町の人たちの話を聞いていくと、どうやら洞窟に薬を取りに行った人が帰って来ないとのことだった。

親方が帰って来ないとの事。

君、探しに行かなくていいのか?

弟子なんでしょ?

引き止めはしないんだね。

つーか、それだけ武装してるなら皆この人に見に行ってもらえばいいのに…

何だか皆心配してるけど探しに行く気もないし誰かに捜索願いを出すわけでもない。

コロ一人で村の洞窟へ

人間の嫌な部分を見た6歳のコロは単独で洞窟の中へと入っていく決心をしたのでした。

初期装備のまま洞窟に入っていったコロは何とか地下3階まで降りていく。

すると岩に挟まって動けないおじさんを発見!!

足を岩に挟まれているのでおじさんの安否が心配だ!

生きていても今後は歩けないかもしれない。

涙を堪えながらコロが恐る恐る話しかけると…

『ぐうぐう』

えっ?寝てる??

何で?

かっっ軽い。命の危機どころかとてつもなく軽い。

危機感を全く感じないおじさんの態度にコロは怒りを覚えた。

もう少しで動かせそうならもっと頑張れよ!

その岩本当に重いんだろうな?

動けないくらい重いんだったら寝てられないよな!

様々な思いが頭をかすめる6才児。

そして遂にコロはおじさんの軽い態度を改めるべく岩を反対側から…

岩を押しかけてコロは我に返った。

いかんいかん、理由はどうあれこの人はいま困っているんだ。

それにこの人がいないと困る人がいる!

土壇場で踏みとどまったコロ。

偉いぞコロ!!

そう言うとおじさんは足早に去っていった。

おっ、おじさん無傷?

コロも村に戻りこの事を報告。

よかったねおじさん無傷で。

つづく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*