【ふわふわ もちもち麺】福岡のソウルフード『牧のうどん』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

福岡のソウルフードといえば何? と福岡県民に聞けば多くの人が必ず挙げるであろう牧のうどん

今回はその牧のうどんの白水店に行ってきたので紹介していきたいと思います。

お客さんの収容人数はかなりあります。普通のうどん屋さんよりは規模が大きいと思います。

駐車場もかなり停める場所があり、場所も店の前と横ですので車で行っても問題ないでしょう。

店の中は、お座敷・テーブル・カウンターと席が各種揃っています。

建物自体は古い物ですが、店内は明るく小綺麗にしてありました。

店員さんが上の画像の注文用紙に注文内容を書いていきます。

うどん屋には珍しく麺の固さを3種類の中から1つ選ぶことが出来るのです。

私はこの日、豚キムチうどんの大盛を注文しました。

麺の固さは中めんです。

ちなみに、麺の固さは軟らかい方から

軟めん・中めん・硬めん

の3種類があります。

これが豚キムチうどん大盛り。かなり量があって正直びっくりしました。

キムチと豚肉が分けて盛り付けてあります。

テーブルの上にネギがあるのでお好きな量を入れることが出来るんです。

ネギをたっぷりと入れました。最初が殺風景だったので、ネギを入れると色合いもいい感じになりましたね。

これが噂のふわふわ もちもちの麺です。太麺でやわらかいのですが、決してのびきってはいません。

この麺は好き嫌いが分かれるかもしれません。うどん麺のコシにこだわる方は苦手かもしれません。

実は私は麺のコシにこだわりがあったのですが、この もちもちふわふわ麺を食べて、まぁこういう食感もアリだと思いました。

癖になるような感じです。福岡の人達が小さい頃から食べてきて、ふわふわもちもち麺が癖になっているのが凄くよく分かりました。

スープは鰹だしで優しい味です。

これは牧のうどんならではのシステムですね。追加のうどんのスープです。

少し時間が経つと麺がスープを吸っていきます。恐らくその時の為に追加のスープを渡しているのでしょう。

やはりスープを麺が吸ってきたのでスープを追加します。

スープを追加すると再び鰹のいい香りが辺りに広がりました。

大盛はかなり量がありましたが何とか全て完食しました。

大盛にする方は少し考えた方がいいかもしれません。スープをよく吸った太麺は結構お腹にたまります。

癖になるうどん、という感想をもちました。

因みに、実はこのどんぶりはプラスチックでした。

住所

福岡県春日市天神山1丁目75

営業時間
AM 10:00~PM 11:00

店休日

不定休(大体第3水曜日)

駐車場

店の前に有り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*