本当は恐い!? 自律神経失調症の原因と治療法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自律神経失調症という言葉をよくテレビや雑誌等でよく見聞きします。

私はそんなに重く考えないでいいイメージがあったのですが実際、自律神経失調症とは何が原因でどのような事を引き起こすのか調べてみました!

自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは自律神経が乱れることです。もっと言えば交感神経と副交感神経のバランスが崩れることです。

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスをとっています。

交感神経とは?

主に昼間の活動している時に働く神経でストレスを感じているときは交感神経が働きます。体が緊張状態ですが、素早く動くなど日中の活動に必用な状態を維持してくれています。

副交感神経とは?

眠っている時や、リラックスしているときに働き、緊張状態を解き筋肉を弛めて体を回復へと向かわせます。

1日の内で副交感神経が働く時間が短ければストレスや疲れが中々とれないという事になります。

自律神経失調症の原因とは?

<過度なストレス>

過度なストレスが自律神経を乱して自律神経失調症を引き起こします。

また、不規則な生活習慣を続ける事で自律神経を乱して自律神経失調症になりやすい状態を作り出します。

<食べ物>

食べ物が原因となることもあります。

例えば肉やバターは自律神経失調症になりやすい体を作り、魚の油分は自律神経失調症になりにくい体を作るといったことがあります。

<女性ホルモンの乱れ>

更年期障害等で女性ホルモンが乱れると自律神経も乱れてしまい自律神経失調症になることもあります。

自律神経失調症で体に何が起こるの?

自律神経は全身の器官をコントロールしているので自律神経失調症になると様々な症状が出てきます。

その症状は人によって様々な形で出てきます。代表的な症状を挙げると…

肉体的なものは…

  • 疲労
  • 倦怠感
  • 不眠
  • 微熱
  • 便秘

精神的なものは…

  • 感情の起伏が激しくなる
  • 不安感
  • やる気がでない

等が挙げられます。

自律神経失調症の治療法は!?

一口に自律神経失調症の治療法と言っても症状は様々あるので、症状によって治療法は変わってきます。

<精神的症状の治療法>

  • 専門医によるカウンセリング
  • 軽い運動でのストレス解消
  • 規則正しい生活習慣
  • 音楽によるリラックス効果

<肉体的症状の治療法>

  • 痛みがある箇所に薬を処方して和らげる対処療法
  • 症状にあった漢方薬を用いた体質改善

等が挙げられます。他にも様々な治療法があります。

まとめ

自律神経失調症の原因は様々ですがほとんどの場合、根底に強いストレスがあるようです。

現代はストレス社会だといいますのでこの自律神経失調症は現代病だとも言えると思います。

自律神経失調症の正しい知識を身につけて自分自身にも他人にも冷静に対処することが大事だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*