【沈黙の臓器肝臓】肝機能を高める食べ物・飲み物まとめ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

沈黙の臓器と呼ばれる肝臓

実は体の中で一番大きい臓器なのです!

肝臓が人体でどの様な働きをしているのかよくは知らないけど、肝臓って重要な働きがあるってのはボンヤリと知ってる。という方も多いと思います。

今回は肝臓の役割から、肝臓の働きを良くする食べ物・飲み物は何なのかを考えていこうと思います。

肝臓っていつもどんな働きをしてるの?

肝臓には大きく3つの働きがあります。

1.食べ物から得た栄養を体のエネルギーに代える働き

肝臓で食物から得た栄養を体に吸収するエネルギーに代えています。また、必要なときにエネルギーを供給できるように、肝臓に栄養を蓄えます。

肝機能が落ちるとこの働きも鈍くなります。

2.食べた物の解毒する働き。

食物から得た成分で悪いものを無毒化して、尿素等に変えて体外に放出します。

肝機能が落ちると体内に要らないものが溜まっていきます。

3.胆汁を作る働き。

脂肪の消化吸収を助ける胆汁を生成しています。肝機能が落ちるとこの働きも落ちます。

肝機能が落ちることで疲れが取れにくい身体になる。

肝機能が下がると上記の働きが鈍くなります。

つまりエネルギーが十分に体に供給されず、体にとって悪いものも体内に残っていくことで疲れやすく回復しにくい体となります。

通常よりも体がだるい・疲れが取れにくい等の症状があれば、肝機能の低下を疑いましょう。

生活習慣・食生活を見直して肝臓にどれだけ負担があるかを考えて改善していきましょう。

肝機能の低下は自律神経を乱す原因となる。

自律神経が乱れると、だるい等の体の疲れだけでなく精神的にも不安定になってしまいます。

ストレスにも弱くなり、これが進むと鬱になってしまいます。

肝臓の異常は自覚症状が出にくい

肝臓が沈黙の臓器と言われる所以ですが、肝臓には神経がないので痛み等の分かりやすい症状が出ないのです。

その為、気付いた時にはもう遅かったということになりやすいのです。

そうならないように肝臓の事をよく知り、自分の体を注意深くみていくことが求められます。

 

肝機能の低下を招く生活習慣は?

  • 暴飲暴食
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 喫煙

が挙げられます。

肝機能の低下の症状を自覚したら、生活習慣をよく見直し、少しずつ改善していきましょう。

肝機能を高める食べ物って?

肝機能を高めるには良質のたんぱく質が必要です。

それに加えて体内で生成できないミネラルやビタミンを摂るのも効果的です。

では、具体的に食材を挙げていきましょう。

  • 豆腐
  • 納豆
  • しじみ
  • ニンニク
  • キャベツ
  • 梅干し
  • もやし

しじみ

まずはしじみです。しじみのタウリンが解毒作用と肝機能を高めてくれます。ただし、肝機能が弱っているときに摂取すると逆効果になるので十分に注意してください。

納豆

納豆に代表される大豆製品は肝機能を回復させてくれる効果が期待できます。

ニンニク

ニンニクはアリシンという成分が肝臓の解毒作用を助けてくれるのです。

キャベツ

キャベツにはビタミンCが豊富に含まれています。また、キャベツに含まれるグルコミノレートという成分は肝機能を高めるだけでなく血液を綺麗にする効果も期待できる頼もしい食べ物です。

ただ、キャベツを生のまま摂取するとグルコミノレートが分解されてしまいます。しかし、お酢を加えることでグルコミノレートが分解されず摂取することができます。

梅干し

梅干しには有機酸が多く含まれており肝臓の解毒作用を高めてくれます。また、梅干しのもつ殺菌・解毒作用は流行性肝炎の予防にも繋がります。

もやし

もやしは実は非常に栄養価が高い食べ物です。ビタミン・ミネラル・食物繊維等不足しがちな栄養素を多く含みます。肝機能を強化する事が出来ます。

ただし、注意したいのが調理法!

炒めすぎると栄養成分が逃げてしまうので炒めすぎないのが重要です。

肝機能を高める飲み物は?

  • しじみの味噌汁
  • コーヒー
  • 赤ワイン
  • 日本茶
  • 牛乳

しじみの味噌汁

上に書いたようにしじみは肝臓の解毒作用を高めます。それに加えて味噌に含まれるレチシンという物質が脂肪肝の予防になります。

ただし、またも重複になりますが弱った肝臓にはしじみは逆効果になりますのでご自分の肝臓の状態に合わせて摂取して下さいね。

コーヒー

脂肪肝の抑制効果があります。また、コーヒーに豊富に含まれるクロロゲン酸は肝機能の低下を招く活性酸素を除去してくれます。

また、同じくコーヒーに含まれるカフェインは脂肪の分解を促進します。

以上のこと等からコーヒーは肝臓に良いと言われています。

赤ワイン

赤ワインにはポリフェノールが多く含まれており、老化の原因物質である活性酸素を除去してくれるので、アンチエイジング効果が期待できます。

さらに肝硬変や肝炎等の予防にもなるのです。

日本茶

お茶に含まれるカテキンが肝臓の脂肪を取り除いてくれます。また、こちらもお茶に含まれるタンニンは鉄分の過剰摂取を防ぎます

肝臓が悪いと肝臓が鉄分を過剰摂取しやすくなっており、その鉄分が肝機能を妨げるため肝臓が弱っている時には鉄分を多く含む食べ物を摂る場合は注意が必要です。

その様な時に鉄分の過剰摂取を防いでくれる日本茶は活躍してくれる事でしょう。

牛乳

牛乳に含まれる良性のたんぱく質は肝臓の修復に効果があります。

肝臓に良いとされる飲み物を挙げてきましたが、症状の違いで飲み過ぎると良くない場合もあるので担当のお医者さんと相談して適量を摂るようにしましょう。

肝機能をサプリメントで高める

症状によって違うでしょうが、専用のサプリメントで肝機能を高めるのも有効な手段です。


まとめ

肝臓の機能低下は肉体的な疲労はもとより、精神的にも不安定になる等社会生活を送る上でかなりの障害となってきます。

規則正しい生活・食生活を心掛けて肝臓を大事にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*