白髪の原因とは!? 対策はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年齢と共にだんだん老化していくのが人間の運命。

中でも髪の毛の老化はわかりやすく、白髪は老化の象徴です。

多くの人は30代半ば頃から白髪が増えてくるといいます。

白髪は何が原因で起きるのか、対策はないのかを調べました。

私の白髪体験談!

10代後半

白髪を少し意識しだしたのが、この頃友人に『白髪多いね』と言われたのが最初です。

この時はたまたま白髪が目にはいっただけだろうと気にもしていませんでした。

20代前半~半ば

10代の頃とほとんど何も変わりませんが、たまに『白髪があるねー』と指摘されてはいました。

この時も、まぁ白髪くらい誰でもあるしねー、と気にも止めていませんでした。

鏡を見ても、鏡に映った正面の部分は白髪が多くもなかったので自覚もありませんでした。

20代後半

この頃になるとよく知らない人からも『白髪が多いですね。』『苦労してるんですね。』と声をかけられることが増えました。

鏡を見ても自分で白髪が多くなってきた事を自覚出来る程になってきました。

30代前半~半ば(現在)

左側頭部は鏡で確認してもかなり白髪が増えたのが自覚出来ました。

頭部の他の部分も全体的に白髪が増えていました。

流石にそのままでは恥ずかしくなって、人生初の白髪染めを経験しました。

何故白髪が増えたのか?

これは恐らく夜更かしが大きく影響していると思います。

私は15・6歳の頃から午前2~3時に寝る習慣がついてしまい、それは今でも続いています。

毎日2~3時に寝るわけではないですが、大体その時間に寝て平日は7時代に起き、休みの日は昼迄寝るという不規則な習慣です。

この習慣で一番悪い点は22時から午前2時までの体にとって最も寝ていてほしい時間帯に目を覚ましている事です。

白髪が増える原因って?

白髪の原因として挙げられるのは

  • 夜更かし
  • ストレス
  • 食生活
  • 遺伝

等が挙げられます。

遺伝はどうしようもないですが、他の要因は全て生活習慣の乱れによるものです。

生活習慣の乱れは白髪だけではなく肌のトラブルや病気になるリスクも上げてしまいます。

白髪と病気の関係は?

白髪と病気は一見すると関係ないように思われがちですが、白髪が生える位置と体の不調の箇所は相関関係があると言われています。

ツボや針治療でお馴染みの東洋医学の考え方に似ていますね。

髪の毛が白いということは頭の先まで十分に栄養が届いていないと考えられます。

栄養を運ぶのは血液です。

つまり何らかの原因で血液内に異常が出ていると考えられます。

血液の異常は体のどこかの箇所に異常が出るはずですので病気になっている、または病気になる前兆だと言えます。

白髪の対処法は?

髪の色だけを考えるならば黒く染めるだけでとりあえずは対処できます。

でもやっぱりそれでは根本的な解決にはならず、病気のリスクも減らすことはできません。

根本的な対処法としてはまずは生活習慣の改善。

これに勝るものはありません。

白髪が増えていった原因を無くすのです。

具体的に言えば夜更かしをしない・栄養バランスの良い食事をとる・ストレスを溜めない事です。

その上で他の対処法を考えましょう!

白髪に効果的なオススメサプリ!

白髪の原因の1つは髪の毛まで栄養が届いていない事だというのはこれまで一緒に見てきました。

髪に栄養がしっかりと届きさえすれば白髪が改善できます。

その白髪改善で近年注目されているのがミレットアップです。

このミレットアップは髪の生成に必要な栄養素を十分に含んでおり、髪の毛まで栄養素を届けることができるのです!!

髪の毛まで栄養を運ぶということは、ただ白髪が無くなるだけではなく、髪の毛の質まで改善してくれるということです。

髪に健康をもたらしてくれる優れものです!


まとめ

白髪について原因や対処法を書いてきましたが、結局第一は生活習慣の改善に尽きます。

まずは足元を見直してから効果のある対処法を実践したいところです。

遠回りなようですが、結局はこれが最短の白髪改善の道です。

一緒に白髪改善に向けて頑張りましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*