【最高裁で判決!】NHK受信料はテレビがあれば義務

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

NHKがNHK受信料を支払わない男性を相手に起こした裁判で、2017年12月6日に最高裁の判決で支払いは憲法に違反しないとの判断が下されました。

この最高裁での判決によって今後はNHKが受信料を支払わない国民に裁判を起こせば必ず勝つことになります。

つまり今後はNHKの放送を受信できるものを持っていればNHKと契約して受信料を払わなければなりません。

支払い義務が発生する受信設備はテレビ・カーナビ・TVが見られるスマートフォン・パソコン等です。

ということは事実上殆ど全ての家庭がNHKに高額な受信料を支払わなければならないということになります。

NHKを見ても見なくてもTVが見れる機器を持っているだけで支払い義務が発生します。それって何かおかしくないですか?

NHKの受信料は高額!

ではNHK受信料は具体的にいくらなのか?

2ヶ月の支払い額

地上契約   2620円

衛星契約   4560円

1年間の支払い額

地上契約  14545円

衛星契約  25320円

これは見るか見ないか分からないようなチャンネルに支払う金額としては高くないでしょうか?

見る気がなくても見なくてもこれだけの支払いが発生するのです。

これを月々になおすと

地上契約が1310円

衛星契約が2280円

この額を毎月支払わなければなりません。

ちなみに、インターネットの有料放送でも1000円以下でドラマや映画が見放題ですし、契約するかしないかはその人次第で決定出来ます。

NHKは事実上、放送電波をとばすだけで高額なお金が全家庭から入ってくる仕組みです。営業をしなくても宣伝をしなくても勝手に入ってきます。

これって今の時代に合っていますかね?

民間企業の現状を考えるとビックリするほど一般の考え方と乖離しています。

他の放送局と比べれば、NHKの異常に高い受信料に違和感を覚えます。

受信料を全ての家庭から徴収するのならもっと値下げをするべきです。

少なくとも、ギャラの高い有名人を起用する必要は無いでしょう。

NHKの受信料問題に政治家が触れない謎

私は他にもNHK受信料について違和感があります。

それは、この問題に政治家がなかなか関わってこないところです。少し考えれば受信料が高すぎることは分かる筈なのに殆ど誰も何も言わない。

どうも怪しくないですか?

この流れからすると、政治家もこの問題に関して何らかの利があると考えるのが普通でしょう。

何かドス黒い闇がチラリと見えたような気がします。

とにかく高額な受信料を徴収したいNHK

色々な手段で受信料を徴収しようとするNHK。そのやり方には必死ささえ伺えます。

私のような一般人なんかは受信料を払わない家庭にはNHKが映らないようにすればいいんじゃないかと思ったりするんですが、それでは駄目なんでしょうか?

それでは民間放送と同じになるから駄目なのかもですが、そもそも高額な受信料を支払ってまで国営放送を維持させる意味は視聴者側にはあるのでしょうか?

国民の緊急事態や重要な放送を担っているのならば、それに集中して制作費がかかる番組を減らせば、受信料が月々数百円でも十分やっていける筈です。だってほとんどの国民から受信料を払ってもらえるんですから。

どうして高額な受信料の値下げを検討しないのか…

それはNHKとそれに絡む人々が甘い汁を吸うため、じゃないでしょうか?

まとめ

NHKの受信料には様々な意見があるでしょう。しかし、私はNHKを殆ど見ないので現在の受信料はどうしても高額だと思ってしまいます。

つまり私にとっては今の額ほどの価値が無いのです。現代は自分にとって価値のあるものに対して納得した値段を支払っていく事が多い社会です。

その中でNHKの受信料徴収は正直なところ前時代的であると言わざるを得ません。

NHKの受信料徴収は時代が変わっているにも関わらず、同じように行っているところにそもそも無理があるのではないでしょうか?

現代の社会のシステムに合ったやり方に変更していけば大きな問題にはならないのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*