【開戦間近か!?】アメリカが在韓米軍の家族帰国へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年はアメリカと北朝鮮の一触即発の挑発合戦の応酬が繰り広げられました。

その内容はどんどん過激さを増し、本当に戦争が始まるのではないかと我々日本国民にとってはヤキモキする日々が続いています。

もし戦争が始まれば、北朝鮮には勝ち目は無いでしょうが、米軍の最前線基地がある日本も無事で済むとは思えません。

そんな中、衝撃の情報が飛び込んできました。

アメリカが在韓米軍の家族の帰国させるというのです。これはアメリカと北朝鮮の間で開戦が近づいていることを意味しています。

クリスマスに開戦か!?

アメリカではクリスマスに開戦か、という雰囲気が漂い始めています。

というのも、アメリカからすれば北朝鮮のミサイル攻撃技術が完成する前に叩いておきたいのが本音だからです。

北朝鮮に対して再三外交努力をしてきているアメリカや周辺国ですが、なかなか状況がよい方向にいっておらず、逆に北朝鮮は着々とアメリカ本土に届くミサイル技術を手にしつつあります。

以前からトランプ大統領は2017年のクリスマス辺りを1つの区切りとして考えているとの情報もあった為、クリスマス開戦が真実味を帯びてきています。

北朝鮮攻撃のシナリオ

現時点でもアメリカが北朝鮮を攻撃する理由はあります。

アメリカにとって本当の驚異になる前に今の内に叩いておきたいというのが本音のところでしょう。

アメリカも出来れば戦争ではなく話し合いで解決したいのでしょうが、北朝鮮はなかなか思い通りにいきません。

そうこうする内にどんどん核やミサイルの技術が上がってきているのですから、今は本当に状況がどう転ぶか分からない瀬戸際であるのは間違いありません。

この様な状況のなかもし北朝鮮がミサイルや核実験を強行すればアメリカは北朝鮮攻撃に踏み切るでしょう。

在韓米軍家族の帰国情報は心理戦の一つ?

クリスマス開戦が現実味を帯びているという情報がある一方で、実際はアメリカはまだ外交解決を諦めておらず、北朝鮮にアメリカが攻撃を本気で考えていると思わせて北朝鮮の強硬な姿勢を軟化させようとする心理的な狙いがあるとも言われています。

実際、本当にアメリカが開戦を考えていて在韓米軍の家族を帰国させるのであれば日本のマスコミに情報が漏れるような事は無いでしょう。

今回は意図的に情報を流して北朝鮮の出方を伺う心理戦だと考えるのが妥当でしょう。

しかし、この情報が事実だとしてもアメリカと北朝鮮のチキンレースはいよいよの所まで来ているのは間違いなさそうです。

まとめ

在韓米軍の家族の帰国はアメリカの心理戦の1つの可能性が高いですが、北朝鮮の出方次第ではクリスマス前後がXデーになる可能性もあり、状況はかなり緊迫しています。

我々日本人の気持ちとしては、何とか話し合いでお互い譲歩するなりして解決してほしいところですよね。

戦争、ましてや核戦争なんかは絶対に起こしてはならないです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*