クリスマスが日本に定着したのはいつから?起源は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本で12月24・25日が何の日かと聞けば今や答えられない人の方が多いクリスマスですが、このクリスマスは元々日本の年中行事ではありませんでした。

クリスマスの意味は?

そもそもクリスマスは英語で『キリスト』の『ミサ』を表します。

つまりキリストの誕生を祝う日がクリスマスなのです。

そして実はキリストの誕生日の記述は残されていないのです。

意外ですよね。私も調べるまではてっきりキリストの誕生日が12月25日だと思っていたのですが…

では何故12月25日に祝うのかというと、キリスト教が成立する以前から土着の宗教で冬至に祭りを行う風習がありました。

冬至を境に新しい年が始まる事を祝ったものでしたが、それがキリスト誕生によって古い時代が終わり、新しい世界が始まるというキリストのイメージに重なることから何時のころからか12月25日をキリストの誕生日として祝うことに。

それが一般的になったのは4世紀頃です。

クリスマスは日本になぜ定着した?

1900年には横浜で明治屋がクリスマス向けの商品を発売しています。

1912年にはクリスマスの飾りつけがされていた事が歌で詠まれていたのでその頃にはもう街中でもクリスマスの飾り付けをしていたことになります。

大正天皇が12月25日に崩御後に大正天皇祭として12月25日が休日に定められたことがクリスマスが更に日本に普及するきっかけとなりました。

クリスマスの日本における起源は?

1552年に山口県で宣教師フランシスコ・ザビエルが日本人信徒を集めてキリストの降誕祭を行ったのが始まりだと言われています。

日本と海外のクリスマスの違いとは?

日本ではクリスマスは恋人と過ごすもの。クリスマスを恋人と過ごすことが出来ればある種のステータスを得る。

という、人によっては迷惑な話で、クリスマスまでに恋人を作らないといけないような風潮すらありますが、海外ではクリスマスは家族と過ごすものなんです。

これって全然違いますよね。

他には、日本ではクリスマスと言えばクリスマスケーキが一般的で、クリスマスになるとケーキ屋さんはどこも大忙し。

徹夜でケーキを作り続ける程忙しいのですが、海外ではデコレーションケーキというよりはシンプルなバターケーキを食べるようです。

これってやっぱり日本のケーキ屋さんが上手くやったんでしょうね。

クリスマスと言えばクリスマスケーキ。

って日本人の頭に刷り込んで今でもクリスマスケーキは日本では大人気です。

後はクリスマスといえばプレゼントです。

日本ではサンタさんから1つプレゼントをもらうのが一般的ですが、海外ではクリスマス当日に向けて多くのプレゼントを貰っていきます。

そしてクリスマス当日に開封するのです。

日本の子供達からしたら羨ましい限りでしょう。

最後に大きな違いを1つ。

日本ではクリスマス商戦という言葉がある位業界によっては繁忙期になるほど忙しい時期でもあるクリスマスですが、海外ではクリスマスは休暇を取るのが一般的です。

仕事もスポーツも休みになるし、為替相場までも海外ではトレードする人がいなくなる為動きが全くといっていい程なくなります。

経済活動がストップしその期間は家族と過ごすのです。

昔の日本の正月と同じですね。

まとめ

日本のクリスマスの起源は私が思っていたよりも古く、何百年も前の事でした。

当初はキリスト教と共に入ってきてキリストの生誕祭の意味合いが強かったのが、時代と共に次第に宗教色が薄れて商業色が強い独自の進化を遂げたと言えます。

何にせよ日本に定着したクリスマスは今や多くの人達の笑顔を作っています。

きっとイエス・キリストも幸せそうな人々の顔を見て嬉しく思っていることでしょう。

人々が幸せそうにしていること、実はそれが何よりキリストが望んでいたことなのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*