食洗機を買って1年! メリットとデメリットをまとめてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皿洗いを夫婦で当番制にしている家庭って結構有りますよね。
それが元でケンカになることも多々あったり…

私もそれで妻に散々嫌味を言われました。

しかし去年、我が家にはそれらすべてを解決する存在が現れました!

家電の食器洗い乾燥機(食洗機)です。

食洗機を買ったことで我が家の生活サイクルが変化しました。

食洗機が我が家に何をもたらし、どのような恩恵を与えてくれたのか。

また、マイナス面はあったのか、食洗機が我が家に与えた影響を書いていこうと思います。

食洗機ってどんな種類があるの?

食洗機の種類

食洗機は大きく分けてビルトイン型と据え置き型があります。

ビルトイン型の特徴

ビルトイン型はキッチンに埋め込まれているタイプなので場所を取りません。

また一般に据え置き型よりも食器容量が大きいのが特徴です。

据え置き型の特徴

他の家電製品と同じように設置をします、なので設置場所を確保しなければなりません。

キッチンがそれほど広くない場合はそれがデメリットになる可能性が高いです。

大きいものだと結構圧迫感があります。

食洗機の他の種類

食器洗い専用のものや乾燥専用の食器乾燥機。

また、この両方を備えた食器洗い乾燥機があります。

サイズも小さいものから大きいものまであるので各家庭に会わせたサイズや機能の物を選ぶことをオススメします。

食洗機で何が変わった? メリット・デメリットは?

食洗機を買って変わったこと

我が家では据え置き型の食器洗い乾燥機を購入しました。1年間使用してきた中での変化を挙げます。

  1. 食器を洗う時間が減り、その時間を他の時間に充てることが出来るようになった。
  2. 洗う食器の数を考えずに料理を作ることができる様になった。
  3. 皿洗いの当番などで揉めることがなくなった。
  4. 手荒れが少なくなった。

自由な時間が増えるのは魅力的ですよね。

例え僅かな時間でも毎日のことですから塵も積もれば山となるで、かなりの時間が自由になります。

それを有効に使うかどうかはあなた次第です。

また、片付けることを考えると使う皿の数をなるべく減らしたくなっていましたが、これも解決しました。

それから、皿洗いの当番で揉めることがなくなって夫婦仲が良くなったのは凄く良かったことですね。

一般的に言われる食洗機のメリット

食洗機の広告には大体次のようなメリットが載っています。

  1. 食器を洗う際の水が少なくて済むので水道代の節約になる。
  2. 時間の節約になる。
  3. 高い温度で洗うことができるので油汚れなどもしっかりと落とすことができる。
  4. 手を使って洗わないので手が荒れない。

1、水道代の節約は食洗機の宣伝文句としてよく聞くメリットです。確かに水を流しながら洗う人にとってはかなりの節約になるのでしょうが、水を溜めて洗う人からすれば実はそれほど節約にはならないかもしれませんね。

2は私としては一番大きい事でした。私も昔は食器洗いの時間はそれほどかからないから、この時間の節約なんてほとんど価値が無いと思っていました。

しかし、最近はこの時間の節約が私の生活の心の余裕に繋がっています。大袈裟だと思うかもしれませんが、私は今は食後のリラックスする時間を本当に大切に思って過ごしています。

3の補足として、食洗機にもよりますが80℃すすぎ、スピーディモード等、色々と用途に応じてコースを選べるようになっているものもあります。

4、毎日の食器洗いを素手で行うと、どうしても手が荒れてしまいます。食洗機を使うことでこれを防ぐ事が出来ます。

筆者が考える食洗機のデメリット

商品を売る側はあまりデメリットを載せたがらないのもあり、なかなか買う前にデメリットを把握するのは難しいですよね。

そこで、私が1年使用してきたから分かるデメリットを挙げるので、購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

  1. 食洗機を稼働させている時の騒音問題。
  2. 家電なので電気代が多少かかる。
  3. 食洗機専用の洗剤を使う必要があるが、現在のところ特売商品がほぼない。

1、食洗機を稼働させると、当然ですが稼働音が発生します。この音の大きさは食洗機の種類やメーカーにもよるでしょうが、ある程度は覚悟しておいたほうがいいかと思います。

今は騒音があまりないタイプのものも出ているので出来るなら、実際に使用しているところを見て音まで確認して購入するのがベストでしょう。

2、電気代は多少かかりますがそれ以上にもたらしてくれる事の方が大きいのでこれは大した問題にはならないでしょう。

3は私が見た中での経験なのでもしかしたら他のお店で特売をしているお店があるかもしれません。

緑の魔女 全自動食器洗い機専用洗剤 800g【楽天24】【HOF07】【gs】【イチオシ】【rank_review】

食洗機導入の際の注意事項

私が食洗機を実際に使ってきて気づいた事です。

  • 一般的に水道代の節約になると言われていますが、元々水を溜めて洗っていた人からすればほとんど変化がないのであまり期待しすぎるのは禁物。
  • 食洗機を導入する際に分岐水栓を使うため、現在使っている蛇口の種類をよく調べて、分岐水栓を設置できるかどうかを確認しなければなりません。※分岐水栓を設置できない場合があります。
  • 予洗いが必要な場面があるので、全く食器を洗わなくてもよくなるという訳ではない。
  • 食器を多く使った場合やフライパンなどの大きな物を洗う際、場所を取るので一度で洗うことが出来ない事がある。
  • 洗う物のサイズや形状等で食洗機内に入らない物もある。
  • 洗う温度を指定している食器もあるので一緒に一気に洗えない場合がある。

以上のような注意事項があるので食洗機を購入する際の心構えとしては、食洗機を購入したからといって食器を全く洗わなくてよくなる訳ではなく、食器洗いの大部分を担ってくれる家電であるとの認識が必要なのではないかと思います。

食洗機の一般的な価格は?

据え置き型の平均的な価格が5~8万円。

ビルトイン型の平均価格は7~9万円

といった価格帯が多く見られます。

私見ですが毎日の、特に朝晩の食器洗いのことを考えれば、このくらいの金額で労力を減らして時間を確保することが出来るのならかなりお得なのではないかと思います。

実際我が家では皿洗いをめぐる争いがなくなりました。

 

まとめ

食洗機を購入した人の口コミや感想などを見ていると、皆さん食器洗い当番をめぐる夫婦喧嘩がなくなった。食器洗いをしている時間を家族の団欒の時間で使えるようになって家族仲が良くなった。

等、肯定的な意見が大半を占めています。

また、食洗機の購入金額についても食洗機導入のメリットを考えれば十分安いといった声も多く聞こえます。

これからの時代、食洗機は冷蔵庫や洗濯機と並ぶ必須の家電になっていくことでしょう。

ただ、購入する際には食洗機を導入すれば食器洗いをしなくても済むと考えるのではなく、食器洗いの大半を担ってくれる家電という意識を持って購入することが大事だと思います。

そういう意識を持てば食洗機に対して感謝の気持ちを持つことが出来ます。

逆に前者の意識で食洗機を購入すると何か騙されたような気持ちになり、購入を後悔することになると思います。

大事なのは購入する際に期待し過ぎないこと

これさえ意識して購入すれば食洗機があなたの生活を大きくサポートしてくれる存在になるのは間違いありません。

最後に食洗機を1年間使ってきた私の感想を。

食洗機を購入して後悔は全くないし本当にいつもサポートしてくれて助かっています。今ではなくてはならない家電の一つになりました。

皆さんにも自信を持っておすすめできます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*