【グループリーグ最大の山場】U-17W杯 2戦目 フランス戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

U-17W杯も2戦目、早くもグループリーグの大一番を迎えました。

初戦を6-1で勝利した日本と初戦を7-1で大勝したフランスの1位突破をかけた戦いです。

試合序盤、相手のショートカウンターからピンチを招く日本代表

フランス代表は身長が日本代表よりかなり高く、体格では完全に日本を上回っていました。

日本のキャプテン10番福岡が初戦のホンジュラス戦で怪我した影響か欠場。

試合開始からパスがズレる場面が目立つ日本。

日本は中盤付近でボールを奪われて、フランスの左サイド 9番グイリに素早くボールを回され、グイリの個人技でシュートまで持っていくパターンで2度の決定機を作られて2度目に失点を喫しました。

フランスは10番カクレから9番グイリに繋いでフィニッシュまでというパターンが殆どで他の攻撃のパターンはそれほど無い印象。

中盤フランスのキープレーヤーの10番カクレと7番アドリの2人を掴まえられずにフランスの中盤に簡単にボールが回る。

結果、守備が後手に回る事が多かった。

前半20分位からは日本がしっかりと繋いで徐々にペースを掴んでいったように見えたが…

失点後は後方からしっかりとボールを繋いで日本ペースに持っていくが中々決定機を作れない。フランスも前半はしっかり守ってカウンター狙いなのか無理をしてまでは出てこない。

そのまま前半終了。

ボール支配率は相手を上回っていたものの、日本は決定機を作れずに終わった。

 

後半序盤から日本は守備が後手に回る場面、玉際で負ける場面が増加

後半に入っても一対一では相手に負ける場面が多く、2人3人を一気に抜かれるまずい守備が多々見られた。

ボール支配もフランスが持つ場面も増え、やや落ちた日本。

後半の半ばからは両チームの運動量が落ちてくる

後半も半ばになると、蒸し暑い気候もあり、両チームの足が止まりだした。

日本はボールへの寄せも一歩が遅れてきたせいでファウルが増える。

日本の守備が相手に一発で当たりに行って簡単にかわされる淡白な守備も目立った。

スローインからのフランスの攻撃。

一瞬集中が切れた日本の隙をつき、ワンツーで崩してフランスが得点。

時間帯と試合展開を考えれば、日本にとってはかなり重い1点となりました。

しかし、得点された直後に日本は、7番久保を起点にペナルティーエリアに侵入。

ここで11番宮代が突っ掛けてPKを奪い、すぐさま1点を返す。

しかし、その後は無理をせず1点を守りにいったフランスが守備や空中戦の玉際で日本を圧倒。

最後まで日本は決定機を作れずに試合終了。

試合の総括

日本が唯一相手に通じていたのは7番久保がボールキープする技術と二人目まで抜ききる事が出来ていたこと。それでも孤立する場面も多く、ボールロストも数回あった。

課題は中盤の守備と攻撃時の積極性。

守備時に中盤が空いてしまい、フランスの前線の選手に簡単にボールを出されていた。

その事が、スピードも体格も上のフランスに、かなり苦しい場面を作られた要因となった。

この試合の結果、フランスは決勝トーナメント進出決定。

日本は勝ち点3のままで、決勝トーナメント進出は第3戦目に持ち越しとなった。

日本はこの試合では前線の選手の良さを全く引き出せずに終わったので、今後の大会を勝ち抜いていくためには中盤の守備からの縦パスが鍵になると思います。

それには前線の選手の動きの量も増やしていかなければなりません。

とはいえ、若き日本代表は一戦一戦学んで強くなるでしょう!

今回の課題をクリアしていってくれるはずです。

U-17日本代表の次戦からの巻き返しに期待します!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*