第48回 明治神宮野球大会(高校の部)初日。創成館が勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ついに開幕しました明治神宮野球大会!!

高校の部開幕戦は創成館高校(長崎)おかやま山陽(岡山)の試合で、第2試合は日大三高校(東京)日本航空石川(石川)の対戦でした。

開幕戦  創成館vsおかやま山陽

戦前の寸評では集中打のおかやま山陽と試合を作れる投手が複数いる創成館の構図でした。

特に創成館は打線もつながりが良い、 位の評価で寸評書いた人は創成館はノーマークなんだろうなと思う書き方でした。

要はこれといって特徴の無いチームとの評価なのでしょう。

寸評を読むとおかやま山陽が強そうにおもえましたが、そこはやってみなければ何が起こるか分からないのが野球です。特に高校野球は!!

試合の方は創成館が一回に2点を先制して試合を優位に進めます。

四回におかやま山陽に1点を返されますがその裏にすぐ追い付いて八回にも2点を追加して試合終了。

創成館の先発川原は7回途中まで投げて7奪三振、1失点と好投。

2番手の伊藤がおかやま山陽打線を無安打に抑えて終わってみれば完勝でした!

伊藤は相手打者の特徴を見てオーバースローとサイドスローをつかいわける変則的な投手です。

九州大会決勝でもリリーフして四回を無失点で抑える好投でした。

日大三vs日本航空石川

試合前の寸評では打力の高いチーム同士の対戦という予想でした。

予想は的中で激しい打ち合いになりました。

日大三は土壇場の九回に何とか追い付くも、延長タイブレークで日本航空石川のサヨナラ勝ち。両チームとも打線の素晴らしさは十分見せました。

春の選抜が楽しみです。

大会2日目の見所

大会2日目のカード

第一試合   大阪桐蔭vs駒大苫小牧

第二試合   明徳義塾vs中央学院

大会2日目はいよいよ優勝候補筆頭の大阪桐蔭が姿を表します。

大会2日目の出場校は甲子園で優勝経験がある高校が次々と出てきます。

第一試合の寸評では、駒大苫小牧が大阪桐蔭の強力打線をどう抑えるか、強力投手陣をどう打ち崩すのかが鍵です。

第二試合の寸評は明徳義塾と中央学院のエース同士の投げ合い予想となっています。

初日まとめ

とりあえず私が期待を込めて優勝候補に挙げた創成館が初戦突破した事が嬉しかったです!

朝早くからの開幕戦でしたが、試合の流れを掴んだ見事な試合運びでした。

次戦は前評判が高い聖光学院ですが、初戦突破の勢いそのままで次も勝ってほしいですね。

日大三と日本航空石川も見事な打ち合いでした。前評判は両チームとも高かったですが、私は有名な日大三が有利かなと勝手に思っていたのですが、日本航空石川が見事に勝利しました。

大会2日目も好ゲームを期待しています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*