【キングダム】現時点での最強キャラクター考察(武力編)!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キングダムの数ある魅力の中でも屈指の魅力は何といっても強い漢と漢の闘いではないでしょうか?

作中では多くの強者が出てきます。

キングダム作中では一体誰が武力最強なのか。気になりませんか?

今回は現時点(2020年7月)でのキングダムキャラで武力最強は誰なのか、考察していきます。

ちなみに、この記事では強さの順位はつけていきません。あくまで最強キャラは誰なのかを追求します。

キングダムでの強さとは

まず最初にはっきりしておきたいことは、キングダム作中での強さとは何かです。

キングダムでは大きく分けると2つの武力の強さがあります。

  • 個人で武を追求して極めた者。
  • 多くの人の想いを双肩に宿した武将。

この2つの力はあり方が相対するものです。

求道者と呼ばれる武を個人で極めた者とは具体的には武神や蚩尤しゆうといった者たちのことです。

彼らは元々武を極めており、さらに現世との関わりを絶つことで深い意識に入って超人的な強さを引き出すのです。

もう1つの力は天下の大将軍に代表される、関わった人々の想いを双肩に宿して闘う者たちです。

キングダムでは後者の、多くの人々の想いを肩に宿して闘う力の方が強いのです。

双肩に宿す人々の想いが多ければ多いほど強くなり、武力に差があったとしても互角以上の闘いが出来ます。

キングダムの最強キャラ候補

それでは、最強キャラの候補者を挙げていきます。

  • 王騎おうき(秦の六大将軍で中でも最強と噂されていた)
  • とう(王騎将軍が本来の実力は私に見劣りしないとの評価)
  • しん(各国の将軍首を次々と挙げる活躍)
  • 羌瘣きょうかい(蚩尤族の中でも歴代最強の呼吸の深さだと噂されていた。)
  • 王賁おうほん(魏国史最強の槍使い・紫伯を破る)
  • 龐煖ほうけん(自らを武神と称する。各国の大将軍を次々と破る)
  • 尭雲ぎょううん(前の趙国三大天・藺相如の武の筆頭)
  • 凱孟がいもう(魏火龍七の豪将)
  • 廉頗れんぱ(元趙国三大天)
  • 汗明かんめい(楚国の大将軍)
  • 幽連ゆうれん(最新の蚩尤)
  • 項翼こうよく(楚の雷轟の異名を持つ若手武将)
  • 楊端和ようたんわ(山界を束ねる山の王)
  • 蒙武もうぶ(秦国の猛将)

以上の14名が候補です。候補に挙げた理由も簡単に挙げました。

恐らくこの14人が現在(646話)までに作中で出てきたキャラの中では武力が最強クラスだと考えられます。

ここから消去法を使って最強キャラを炙り出します。

脱落者とその理由1

それでは候補者から最強ではないと考えられるキャラを消去していきます。

まずは幽連・汗明・尭雲・羌瘣が脱落です。

この4名は武力では間違いなく最強クラスではありましたが、作中で他のキャラに明確に敗れてしまったことから最強ではないと判断しました。

具体的には幽連は羌瘣に、羌瘣は龐煖に敗れました。

そして汗明は蒙武に、尭雲は王賁にです。

羌瘣は殺された訳ではありませんが、一騎打ちで明確に敗れたと判断しました。

さて、ここからが判断が難しくなります。

ですからキングダムの武力のルールを適用し、双肩に人の想いを宿しているか否かも判断の基準とします。

脱落者とその理由2

現在は亡くなっている王騎と龐煖ですが、脱落させなかったのには訳があります。

まずは龐煖ですが、信に敗れはしましたが信もその時は命の炎が消えていて戦いの後には仮死状態になっていました。

その後も羌瘣の助けが無ければ信は亡くなっていたと推定出来る事から龐煖は信には負けていないと判断しました。

王騎は龐煖に敗れましたが、最後の一刀の際背中に矢を受けています。

この矢が無ければ王騎が勝っていたとキングダムでは評価されているので、単純な一騎打ちだったら龐煖よりも王騎の方が強いと結論付けます。

ということでここで龐煖が脱落します。

次に、凱孟について考えます。

信との一騎打ちの際に証言していますが、凱孟の一刀は異常な重さがあるとのことでした。

強さの条件としては合うのですが、注目すべきは戦った後の信の体力です。

先ほど書いた通り、信は龐煖との一騎打ち後に仮死状態となっています。しかし、龐煖と闘う大分前の信が凱孟と闘った後は意識がハッキリしていました。

この事から、龐煖>凱孟の構図が成り立ちます。

ですから凱孟も脱落です。

途中経過

  • 王騎おうき(秦の六大将軍で中でも最強と噂されていた)
  • とう(王騎将軍が本来の実力は私に見劣りしないとの評価)
  • しん(各国の将軍首を次々と挙げる活躍)
  • 羌瘣きょうかい(蚩尤族の中でも歴代最強の呼吸の深さだと噂されていた。)
  • 王賁おうほん(魏国史最強の槍使い・紫伯を破る)
  • 龐煖ほうけん(自らを武神と称する。各国の大将軍を次々と破る)
  • 尭雲ぎょううん(前の趙国三大天・藺相如の武の筆頭)
  • 凱孟がいもう(魏火龍七の豪将)
  • 廉頗れんぱ(元趙国三大天)
  • 汗明かんめい(楚国の大将軍)
  • 幽連ゆうれん(最新の蚩尤)
  • 項翼こうよく(楚の雷轟の異名を持つ若手武将)
  • 楊端和ようたんわ(山界を束ねる山の王)
  • 蒙武もうぶ(秦国の猛将)

残りが8名となりました。

脱落者とその理由3

鄴の攻防戦で信は武神・龐煖を破りましたが、闘いの後に仮死状態になり、羌瘣に命を救われているので、龐煖より強いということにはならないと判断します。

となると王騎>龐煖はすでに確定ですからここで信も脱落となります。

次に王騎と騰ですが、両者の発言から実力を比べます。

王騎は死に間際に『騰の実力は本来自分に見劣りしない』とハッキリと言っています。

見劣りしないというのは同等の力がある訳ではないが、変わらないくらいの実力を備えていると解釈できます。

つまり、実力的には王騎よりやや劣ると取るのが普通でしょう。

さらに、王騎が趙将・渉孟との一騎打ちの際に騰は『武力の底が知れぬのは我らが殿の方だ』と発言としています。

王騎の武力は傍らでずっと見てきた騰にとっても底が知れないと感じているのです。

と言うことでここで騰も脱落です。

さらに、騰と辛うじて互角に渡り合えた項翼も脱落となります。

残りは5名

ここで改めて残りの5名を整理します。

  • 王騎
  • 蒙武
  • 王賁
  • 楊端和
  • 廉頗

以上の5名の中で最強を決めます。

ですが正直なところこの5名は単純に武力で負ける場面がありません。(王騎と王賁に関しては敗れる場面がありますが王騎は実力的には勝っていたのと、王賁は後日その相手を破っています。)

ですから双肩に人の想いが載った一刀を持っているかを考えます。

双肩に人の想いが載っていれば一刀が非常に重くなります。

現在のところこの5名でその重い一刀の描写がないのは楊端和だけです。よって、ここで楊端和は脱落です。

キングダム最強武力キャラ決定!!

  • 王騎
  • 蒙武
  • 王賁
  • 廉頗

以上の4名ですが、この4名の優劣をつける材料が今のところありません。

ですからこの4名を現在のところのキングダム武力最強と結論付けます。

最強キャラを1人選ぶべく調べたのですが優劣をつける明確な理由が見つかりませんでした。

残念ですが仕方ありません。

最後にこの4名の最強の理由を載せて終わりたいと思います。

  • 王騎(秦の六大将軍で最強の噂。武神・龐煖を実質的に上回る強さ)
  • 蒙武(当時中華で武力が最強だと思われた汗明を撃破。)
  • 王賁(かつての趙国三大天・藺相如の武の象徴、尭雲を破る)
  • 廉頗(かつての趙国三大天で大将軍の重みのある一刀を持つ。武力で敗れる描写無し)

今後この4名に優劣が付けれる理由が出てきたり、この4名を越える者が出てくるのは間違いないでしょう。

その時はまた改めてキングタムの武力最強キャラを考察したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*